女子校生を飼い殺したい。まい

KTKB-011 2017-05-19
女子校生というだけで、僕らにとっては奇蹟である。それは何物にも代えがたい短く儚い季節である。そして、彼女は小鹿の悲鳴のような儚い喘ぎ声をあげるのだ。澄んだ瞳と服の上からは想像のつかない美乳は今この瞬間でしかありえない代物だった。僕はそれを大切に愛撫し、最終的に破壊するのだ…。
;